今できること今しかできないことは今やる!


by mama-yan

10/13 読み聞かせ

「なにわのでっち こまめどん」 ねずみのこわいでちゅうの巻き
 作 村上しいこ 絵 たごもり のりこ
c0208932_1558333.jpg

江戸時代は大阪の「きくきく屋」というくすりやのお話。
丁稚仲間のだいきちどんとこまめどん、けんかをして番頭さんに暗い蔵に入れられる。
蔵にはたくさんのねずみが住んでおり、ねずみが怖い二人はねずみに勝つ方法を考える。
猫の真似をしてみたり・・・。浪速の話だけあってところどころに笑いあり、オチも忘れない。
楽しい本です。最後には「ともだちなら、ことばはいらん、なかなおり。」というようなメッセージが込められていて、1年生にはぴったりの本です。

読み終わって、「面白かった!」と言う声も聞こえてきたので、子供たちの反応も良かったです。この本、シリーズものらしいので、ほかのも読んでみたくなりました。

そして、作者を見てびっくり、あの「れいぞうこのなつやすみ」の村上しいこさんじゃないですか。だからこの笑いとオチなんやと納得でした。おすすめの1冊です。

今日の2冊目

「まくらのせんにん」 そこのあなたの巻
 作 かかくい ひろし
c0208932_1559079.jpg

まくらのせんにんがお伴のしきさん、かけさんとさんぽしていると、ぞうさんが、きりんさんが、うさぎさんが、たこさんが頭を地面の穴に突っ込んで抜けなくなっている。どうしようか?と考えているまくらのせんにんまで頭を穴に突っ込んでしまう。さて、困ったせんにんは「そこのあなた」に頼むしかないという。「そこのあなた」とは???

読んでみたらわかります。なんだかばかばかしくて笑える。ちょこっとしかけもあって、遊べる絵本。絵がまた面白い。小さいお子さんと一緒に楽しく読める本ですよ。
[PR]
by mama-yan | 2010-10-13 16:05 | 本・絵本