今できること今しかできないことは今やる!


by mama-yan

27年5月20 読み聞かせ6-1 

今年度初読み聞かせ、息子のクラスでした。
今日は、来週の広島への修学旅行に合わせて、平和学習ということで戦争関係の絵本を読みました。
私が選んだのは、

「かわいそうなぞう」 作 つちやゆきお 絵 たけべ もといちろう 出 金の星社c0208932_20203754.png

戦争の最中、いつ爆弾を動物園に落とされるかわからない。そうなったら動物だちが逃げ出して大変な事になるということで、そうなる前に殺さなくてはならなかった三匹の像の悲しいお話です。

この絵本は先日の「おとなのための絵本講座」で参加者が紹介してくださった絵本です。その方はこの絵本を毎年8月に大きなイベントで読んでおられると言う事でした。語り継がねばならない、読み継がねばならない、40数年前に出版された貴重な絵本だと共感しました。今日の読み聞かせにぴったりの本でした。

戦争の悲惨な焼け跡や当時の悲惨な状況は広島の原爆ドームで知ることになるでしょう。でも、戦争はこんなところでも悲劇をもたらせたんだということを知ってほしかったから。誰も幸せになれない戦争は二度としてはいけないのです。そんな思いを伝えてきました。

子ども達、最初はソワソワな感じでしたが、読み進めて行くにつれてシーンとなって、誰も物音をたてることもないくらい集中してくれてました。

朝一から重いお話でしたので、少し気分を変えてこれから授業に入れるようにもう1冊は


「せんたくかあちゃん」 作・絵 さとう わきこ  出 福音館書店c0208932_20211346.jpg

こちらは豪快なかあちゃんがなんでもかんでもあっという間にお洗濯しちゃって、とうとう雨を降らしに来たカミナリさんまで洗濯しちゃう。すると汚れてきたなかったカミナリさんはきれいになったのですが・・・・。

このかあちゃんはまさに肝っ玉かあちゃん、「よしきた まかしときい」という言葉がかあちゃんらしい。
息子の反応も、子ども達の反応も良かったです。

この絵本、実は最近購入しました。
なぜなら、絵本講師のお友達が、私のイメージは「せんたくかあちゃん」のかあちゃんだと言ってくれたから。まさに私の理想のかあちゃんだったのでめちゃくちゃ嬉しかったんです。これはうちの本棚に置いておかねばと購入しました。

今日の2冊はどちらも長く愛され読み継がれている絵本。
よい本はどんなに年月が経っても子ども達の心に響くものですね。
[PR]
by mama-yan | 2015-05-20 20:29 | 本・絵本