今できること今しかできないことは今やる!


by mama-yan

27年6月3日6-2読み聞かせ

今日は朝から大雨。上の子が信州に修学旅行へ出発しました。朝早くからお弁当作って送りだしました。
やれやれと思ったもの束の間、「今日はもしかして水曜日?!」「忘れてた~!読み聞かせやん(・_・;)」

絵本準備してなかった・・・。焦る。そうや!先日買った雨の日に読もうと思った本があるやん(*^_^*)と思って用意したのがこの絵本。

「カエルのおでかけ」   高畠 那生c0208932_20301715.png

まずこのカエルの絵に魅かれて手にとりました。そして帯に「あべこべにもほどがある」と書いてあって、ますます気になって読んでみた。カエル目線の雨の日の過ごし方。面白い!私たちとはきっちり逆で実に面白い!きっと子ども達好き。雨のうっとおしいこの季節にぴったりの絵本。もちろん読み聞かせにもいい。でももっともっといいのは、絵本を手にとってじっくり見てほしい。絵の細かい部分が楽しいです。親子で会話が弾みますよ。

「やさいのおしゃべり」  作 泉 なほ  絵 いもと ようこc0208932_20312869.jpg

こちらは冷蔵庫のお野菜た[ちの目線で描かれた絵本。これ、子ども達も楽しめるけど、おとなも楽しめます。
お野菜嫌いのお子さんがいたら読んでみてはどうでしょう。冷蔵庫で出番を待っているお野菜の気持ちがよーくわかる絵本です。親も子も、お野菜を大事に食べようと言う気持ちになりますよ。
以前、おとなのための絵本の会で参加者の方が紹介して下さったんですが、大ウケでした。今日の子ども達も反応良かったです。いもとようこさんの絵もまた癒されますね。動物を描いても人間を描いても、野菜を描いても優しさ、温かさが伝わってきますね。
 

6年生は息子の学年、この子達が1年生の頃から読み聞かせをしている。赤ちゃんの時から知ってる子も何人もいてる。落ち着きのない、元気な、子どもらしい子が多い学年なんですが、今日はさすが最学年ともなると、落ち着いたな~といった印象でした。なんだか嬉しいような寂しいような、そんな気持ちになりました。
[PR]
by mama-yan | 2015-06-03 20:32 | 本・絵本