今できること今しかできないことは今やる!


by mama-yan

カテゴリ:学校( 2 )

6/30 読み聞かせ

今日の読み聞かせも1年生クラス。
図書館で借りて来た本もいくつかあったけど、結局みやにしたつやさんの本にしました。

「キツネのおとうさんがわらっていいました」  作絵 みやにし たつや
c0208932_16285597.jpg

キツネのおちとうさんが「今日はブタのごちそうだ」と言ってブタを捕まえに出かける。
ブタの町にやってきたキツネのおとうさんはブタを狙って「ガブリッ!」とかじろうとするのだけれど、キツネをみた事のないコブタ達はキツネのおとうさんをまったく怖がらず、逃げようともせず、やさしく接してくれます。そこで「捕まえにきた」と言いだせないキツネのお父さんは最後にはニッコリわらって「ありがとう♪」と言ってしまいます。ちょっと笑えて、ほんわかするお話です。

子供たち、展開が読めてくると、ページをめくる前からクスクス笑いだし、楽しんでくれているようでした。みやにしたつやさんの本はどれもハズレがないですね。
子供達の心をくすぐる絵本ばかりです。親の心もくすぐられ、読んでるうちに泣けてくる本もあります。「おまえうまそうだなぁ」とかね。

今日のおまけの1冊は、

「まねしんぼう」 絵作 みやにし たつや
c0208932_1633751.jpg

ぼくのいもうとはまねしんぼう、こんなこともあんなこともまねをするとまねっこエピソードがかかれている短い本。

弟や妹がいる子たちが共感してくれたらいいな?と思い選びました。


我が家はみやにしたつやワールドにすっかりはまってしまい、図書館で借りてくる本の中にはかならず1冊は選んでます。パパ目線の絵本なのでママが読んでも新鮮です。
[PR]
by mama-yan | 2010-06-30 16:34 | 学校

今日の読み聞かせ


 今日の読み聞かせに選んだ本は

 「そらいろのたね」   作: 中川 李枝子 絵: 大村 百合子 出版社: 福音館書店
c0208932_19545847.jpg


主人公ゆうじがきつねの会い、ゆうじの模型飛行機ときつねの種を交換したことからお話ははじまります。ゆうじはその種を植え、水をやり大事に育てていると、家が生えてきます。その家は育てていくうちにどんどん大きくなっていき、小さな動物から大きな動物、人間までも入れる大きな家になりました。そこへきつねがやってきて、「ぼくの家だ!」と言い、独り占めする。その後、お家は?きつねは?どうなったか?

ぐりぐらシリーズで有名な中川さんの作品。動物がたくさん出てくるんですが、その中に小さく描かれたぐりとぐらがいたりして、よく知ってる子供たちがそのぐりとぐらを見つけて喜んでます。家が生える?大きくなる?など夢いっぱい、遊びがいっぱいで楽しい絵本です。

「かみさまからのおくりもの」 作: ひぐちみちこ 出版社: こぐま社
c0208932_19551944.jpg

赤ちゃんが生まれるとき、神様は一人一人の赤ちゃんに贈り物をくださいます。
天使が運んでくるのです。あかいほっぺの赤ちゃんには、「よく わらう」を、
おおきい赤ちゃんには、「ちからもち」を、泣いている赤ちゃんには、「うたがすき」を、
~etc を天使が届けてくれました。「かみさま すてきなおくりものを ありがとう」

この本はほんとに小さい頃に読んであげるのにいい本だと思います。
短い短い本ですが、読み終えた後の子供たちへの語りかけができる本です。
今日はおまけの一冊に選びました。
読み終えた後、「みんなは神様に何をもらったかな?」って問いかけたら、
「泣き虫!」「元気!」とか聞こえてきました。
泣き虫くんには「やさしい」をくれたんやねって答えました。
息子のお友達で本当に優しい子なんです。
[PR]
by mama-yan | 2010-06-16 19:55 | 学校